陸行一月の意味

 前回は、魏志倭人伝の行路を辿って、投馬国が但馬国だったことが分かりました。

次は、いよいよ邪馬台国までの行路です。  魏志倭人伝には、投馬国から、

 

  「水行十日 陸行一月」

 

とあります。どういう訳か、ここだけ二種類の行程方法が示されています。

 ここでの一番の問題は、「陸行一月」です。 弥生時代の陸地は、湿地帯や雑木林だらけでした。 道は、獣道しかなく、陸地を一ヶ月も移動するには、相当な労力が必要です。しかも、馬も牛もいなかった時代に、移動だけでなく、交易の物資を運んだとは、極度の困難です。

 

 「奴隷に運ばせたんだろ!」

 

その一言で解決するには、陸行一月は奴隷にとって、あまりに過酷と言えるでしょう。

六世紀の行路
九州から近畿へは、日本海で船を使っていた。陸路はほとんど使われなかった。

 上の図は、六世紀頃の九州から畿内への実際の行路です。魏志倭人伝とは異なり、ほとんどが水行でした。まず、船で日本海を若狭湾の小浜まで行きます。そこから、陸地を歩いてなだらかな峠を越えて、琵琶湖の湖岸に入ります。そして再度、船でで畿内に至ります。これは、七世紀の遣隋使の帰り道にも使われていた一般的なルートです。このルートであれば、物資を運ぶ奴隷たちの負担が減るので、現実的なやり方です。弥生時代末期も、九州と近畿が結ばれていたとすれば、このルートが最も合理的です。

畿内説1
畿内説は、無理やり陸路を入れた。無意味な陸行一月。

 ところが畿内説は、「水行十日陸行一月」の記述に縛られて、必要の無い陸行を作り出すために、但馬の国から一ヶ月陸行させています。また、瀬戸内ルートをとる論者は、吉備の国まで船で行って、そこから一ヶ月間、陸行させています。「吉備まで船でこれたなら、そのまま船で行けばいいのにね。」と思わせる不思議な行程を作り出しています。

 意味のない「陸行一月」は必要ありません。

畿内説2
瀬戸内ルートも、途中からなぜか陸路にした。無理がありすぎる。

 下の図は、前回、北部九州から東へ水行した場合です。対馬海流の流速や、悪条件も含めて、水行二十日で但馬の国に到達します。但馬国=投馬国でしょう。さらに、水行七日程度で、越前の三国湊に到達します。ここから、越前の中心地に向かうには、九頭竜川と呼ばれる川を、上流へ25キロほど遡る必要があるので、三日ほど掛かります。但馬国(投馬国)から水行十日で、越前に到着する事になります。

 あれっ? 陸行一月は?

 ここからが本題です。

但馬から越前へは、水行でしたが、越前から但馬へは、陸路を使っていたのです。

越前1
越前までは、投馬国から水行10日で到着する。陸行一月は?

 但馬から越前・三国までの距離は、150キロ。これは、釜山-対馬 50キロ、対馬-壱岐島 50キロよりも、3倍長い距離です。しかし、対馬海流の潮流と、西からの季節風の力を借りれば、一気に航海する事も可能な距離です。

 ところが、反対方向は非常に危険です。越前から但馬へ船で行くとすれば、東風を待ちながら、若狭湾を点々と進まなければなりません。

 気象条件が悪ければ、一ヶ月以上掛かるでしょう。

海を西へ進むの為に、航海の危険と、時間の浪費を使うくらいなら、陸路の方が確実です。

往復行路
但馬 → 越前は、水行10日。 但馬 ← 越前は、陸行一月。

 越前から但馬までの陸行は、もちろん湿地帯や雑木林地帯を抜ける獣道です。それでも陸行を選ぶのは、交易品の内容です。

 朝鮮半島、北部九州、出雲から越前へ運ぶ物資は、鉄や租庸調の重い荷物です。船は絶対に必要です。

 逆に、越前から朝鮮半島、北部九州、出雲へ運ぶ物資は、翡翠、瑪瑙などの宝石類です。越前が、翡翠などの高級宝石の加工場だった事は、以前に述べた通りです。軽くても価値は非常に高い物です。これなら、たとえ獣道を歩いたとしても、負担になる荷物ではありません。

 対馬海流に逆らって西へ船で行くという、時間を掛け、危険を冒すよりも、陸地を一ヶ月歩くほうが、理にかなっているという訳です。

 「水行十日 陸行一月」

というのは、西から東へは水行、東から西へは陸行という、越前ならではの重要な意味だったのです。

往復行路2
西から東へは、重い荷物。東から西へは、軽い荷物。水行十日 陸行一月の理由が明確。

 このように、越前の地理的位置を魏志倭人伝に照らしてみると、畿内説よりも遥かに理にかなった行路が描けます。

 ただし、魏志倭人伝の行路は信憑性が高いとは言えません。

この事実だけを持って、越前が邪馬台国だったと結論付けるつもりはありません。

 弥生時代末期に、超大国で、翡翠などの宝石を作り、鉄器を用いていた。さらに、魏志倭人伝の邪馬台国までの行路と一致した。 それだけの事です。